独学保育士×100冊×子育て

二児の母です。子育て中に独学3か月で保育士試験に合格。100冊以上の育児本を読んだ経験を活かし子供の教育・資格試験の勉強法などを書いていきます

MENU

大人が読んでも勉強になる!かこさとしの科学絵本!!

今日は、絵本の紹介をしようと思います。

かこさとしさんの絵本です。

 

かこさとしさんは、『だるまちゃんとてんぐちゃん』や『からすのパンやさん』などが有名ですが、科学絵本もたくさん書かれています。

 

ということで、私がおすすめするかこさとしさんの科学絵本を紹介します。

 

 

①福音館の科学シリーズ『宇宙』『海』『地球』

こちらは、本屋さんにも売られていることが多いので、手に取ったことがある方もいるのではないかな?と思います。

小学校高学年向けです。結構内容が難しいです。

大人向けと言っても良いのでは?と思うほどです。

 

我が家は上の子にせがまれて買いました。内容は、おそらく理解していないでしょう・・・。でも、いつか理解できる日が来ることを願って・・・。

 

☆amazon

海 (福音館の科学シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2019/7/13 23:01時点)

地球 (福音館の科学シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2019/7/13 23:02時点)

宇宙 (福音館の科学シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2019/7/13 23:02時点)

②かこさとし かがくの本シリーズ『ひかりとおとのかけくらべ』

こちらは図書館で見つけて借りました。

「ひかり」と「おと」のどちらがスピードが速いかについて、打ち上げ花火や雷を例にわかりやすく書かれています。

 

花火や雷のような子ども達がイメージしやすいもので説明してくれているので、とても分かりやすいです。

このシリーズは他にも色々あります。

 

☆amazon

ひかりとおとのかけくらべ (かこ・さとし かがくの本)

中古価格
¥848から
(2019/7/13 23:11時点)

③はみがき嫌いがなおる!?『はははのはなし』

子どもの歯磨き嫌いがなおる?とレビューの多い、『はははのはなし』です。

はみがきがなぜ大切なのか?を説教くさくならず書いてくれています。

子どもの心に響くようです☆

 

☆amazon

はははのはなし (かがくのとも絵本)

新品価格
¥972から
(2019/7/13 23:10時点)

④かこさとしの自然のしくみ地球のちからえほんシリーズ

自然のしくみがよく理解できる絵本シリーズです。

内容は少し難しいですが、子どもでも分かるように書かれています。

おそらく年長から小学校低学年くらいの子でも読み聞かせは可能です。

 

例えば、『やまをつくったものやまをこわしたもの』には、

どうやって山ができてきたのかについて書かれています。

山ってそこに存在するのが当たり前だと思ってしまいますが、長い年月をかけて誕生しているんですよね。そういう自然のしくみが理解できる絵本です。

他にも、火山や虹などがあります。

 

☆amazon

かわはながれるかわははこぶ (かこさとしの自然のしくみ地球のちからえほん)

中古価格
¥1,603から
(2019/7/13 23:15時点)

やまをつくったものやまをこわしたもの (かこさとしの自然のしくみ地球のちからえほん)

新品価格
¥1,944から
(2019/7/13 23:17時点)

⑤『みずとはなんじゃ』

かこさとし先生の遺作です。

「水があるから私たち人間や動物、植物が生きられるんだな・・・」と感じる絵本です。

 

・私たちは何故、水を飲むのか?

・打ち水をするとなぜ涼しく感じるのか?

 

などなど・・・水の役割について教えてくれる一冊です。

 

☆amazon

みずとは なんじゃ?

新品価格
¥1,620から
(2019/7/13 23:22時点)

 

かこさとしさんの絵本は、我が家の子ども達は大好きです。

『だるまちゃん』シリーズは、たくさん読んでいます。

かこさとしさんの絵本には、子ども達をひきつける魅力があるんですよね。

 

我が家はこれからも、かこさとしさんの絵本をたくさん読んでいこうと思っています!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。