独学保育士×100冊×子育て

二児の母です。子育て中に独学3か月で保育士試験に合格。100冊以上の育児本を読んだ経験を活かし子供の教育・資格試験の勉強法などを書いていきます

MENU

子どもが英語好きに!?我が家の英語教育。

最近、我が家は子供と英語の勉強を始めました。

と言っても、英会話スクールに通わせてるわけではありません。

子どもにアルファベットを書かせているわけでもありません。

我が家の英語教育は、絵本を読んで、CDを流すだけです。

きっかけは、この記事です。

www.shizuka-mama.com

この方法で約2か月くらいが経過しました。

そして、一緒に英語の絵本を読んでいる私にもある変化が・・・。

ということで、今日は子どもの英語教育について書こうと思います。

 

我が家が英語教育する理由は?

私は、もともと乳幼児に英語を教えることには慎重派です。

でも、子どもが学校で英語を習う前には、簡単に英語に触れさせておきたいと思っています。

 

その理由は、学校の英語教育では子どもが英語嫌いになる可能性があるかも?と私が思っているからです(私がそうだったので・・・)。

 

学校で英語を習うとなると、やっぱり単語や文法から教え始めると思うのです。

そうなると英語=難しいものと思ってしまうかもしれない。

 

日本語を自然に習得したときのように英語も楽しく身体で覚えて欲しいなーという思いがあります。英語=勉強と思って欲しくないというか。

そういう理由から、我が家では絵本で英語教育を始めました。

 

なお、市販の英語のDVDを使ったときもあったのですが、テレビの視聴時間が長くなるのが気になってしまい、結局絵本&CDになりました。

我が家が使っている絵本はこちら!

我が家が使用している絵本は、Oxford Reading Tree (ORT )です。

Oxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack A (Stage 1 More First Words, Stage 1 First Sentences, Stage 2, 3, 4 Stories Packs) 5 CD packs

この絵本は実際にイギリスで使われている教材です。

<おすすめポイント!>

・絵だけでも話の内容がわかるし、ストーリーも面白いため子どもが楽しく読める。

・CDがついているので、日中はひたすらCDを流せる。

・CDはイギリス英語とアメリカ英語の2バージョン収録されているのが良い。

 

<気になる点>

・イギリス英語のため、アメリカ英語と綴りが異なる単語がたまにある。

 

我が家はこちらの絵本をほぼ毎日3冊~6冊子供に読み聞かせをしています。

最初はアメリカで使われている教材を使用していたのですが、Oxford Reading Tree の方がストーリーが面白いのか、子どもが積極的に読みたがるようになりました。

なので、我が家はOxford Reading Treeを使用しています。

 

日中はひたすら付属のCDを流し続けます。

日本語やピアノのCDを流すこともありますが、一日1回は英語のCDを流すようにしています。

 

私に起きた変化・・・

子どもと一緒に、この生活を約2か月くらい続けました。

そうすると、私にもある変化が・・・。

ある日英語ニュースを聞いてみると、以前とは明らかにヒアリング力が向上していました。

 

そして最大の変化は、英語を聞いたときに日本語に変換しようとしていなかったのです!!

どういうことかと言うと、過去記事に書いたのですが、英語が苦手な人は英語を日本語に変換して(左脳で)理解しようとしているらしいのです。

 

でも英語を得意にするためには、英語を英語のまま理解する必要がある。そして、その境地に達するまで、とにかく英語を聞く・読む!!

 

www.shizuka-mama.com

 

以前の私は、英語を日本語に訳そうとする癖が抜けなかった。

でも、子どもと毎日英語にふれることで、徐々にですが変化してきているんです。

 

Oxford Reading Treeは、簡単で短い文がひたすら続きます。難しい言い回しをしない。凄く勉強になるんです。おそらくそれが英語力の向上につながっているんだと思います。

 

ただ、始めてまだ2か月なので、そこまでレベルは向上していませんが・・・。

 

注:私の英語力は一番良い時で、TOEIC600点レベルです。今は全く英語を使っていないので、おそらく300~400点くらいのレベルかと思われます・・・。

 

英語が得意な人には、Oxford Reading Treeは簡単すぎると思います。でも、英語をはじめて習う子どもには最適な教材であると思っています。

※改めて英語の勉強をしたいと思っている大人の方にもおすすめです。

 

我が家の子ども達の変化は・・・

私のことはいいとして、子ども達はどうだったか?と言うと・・・

 

①Oxford Reading Treeの英語のフレーズを自然と口にするようになった。

②積極的に英語絵本を読んで欲しがるようになった。

③Oxford Reading Tree以外の、ほかの英語絵本にも興味を持つようになった。

 

今のところは英語が面白いというよりは、Oxford Reading Treeのストーリーを楽しんでいるようにみえます。でも、それで良いと私は思っています。

 

ストーリーが面白い。だから自然と英語にも興味をもち、自然とフレーズも覚える。

いまのところ、楽しみながら英語を学んでくれているなぁと思っています。

 

子どもは覚えるのも早いが忘れるのも早いらしいので、これからも英語絵本生活は根気よく続けていこうと思っています。

 

絵本のあとは?

とりあえず繰り返し絵本&CDを活用し、暫く様子を見ようと思っています。

Oxford Reading Tree以外にも色々英語絵本があるので、そちらにもどんどん挑戦しようと思っています。

 

そして、上の子も下の子も英語を理解できるようになってきたら、オンライン英会話をはじめようかと思っています。
(英会話スクールはが送迎が大変そうなので、とりあえず自宅で簡単にやりたい)

 

英語教育って色んな種類があって悩みますよね。私も色々調べた結果、この方法に落ち着きました。この記事が参考になれば嬉しいです。