独学保育士×100冊×子育て

二児の母です。子育て中に独学3か月で保育士試験に合格。100冊以上の育児本を読んだ経験を活かし子供の教育・資格試験の勉強法などを書いていきます

MENU

申請1カ月。グーグルアドセンスに合格できない!!なぜ??不合格理由について考える

 

独自ドメインを取得してからもう1カ月?くらい経とうとしています。

独自ドメインを取得してから、プライバシーポリシーや、お問い合わせフォームを設置して、いざアドセンスへ申請!!!

 

アドセンスに申請してから1カ月弱。どうしても合格することが出来ません。

記事を作り直したり、アフィリエイトリンクは最低限にしたり、内容が薄い記事?に該当しそうな記事は下書きに戻したり。でも、申請に通りません。

 

 

アドセンス不合格通知と私の対策

☆1回目

・グーグルコンソールに登録しわすれる!

 

☆2回目

・複数のプライバシーポリシー違反が指摘される

<対策>

・グーグルコンソールのサイトマップを作成

・お金、健康関連の記事は削除。
(お金、健康に関する記事はプライバシー違反に該当しやすい?とネットで見たので。真偽は不明ですが)

 

☆3回目

またもや。プライバシーポリシー違反が指摘される。

 

以下のような記事が含まれているよ。訂正してねって感じの内容が送られてきました。

 

・自動生成されている

・著作権違反

・アフィリエイト広告ばかりで薄い内容の記事?

 など。

 

・まず、自動生成について

毎回同じ文言を使っているなどは指摘されるらしい(ネット情報)

毎回「では、みていきましょー!」とか書いていると、グーグルさんのロボットがそう「自動生成」と判断しやすいとか。(ネット情報)でも、真偽は不明。

<対策>

自動生成と認識されやすい文言の削除。

 

・次に、著作権違反について

私の記事は、本からの引用も多いので、こちらがひっかかてる?と思いました。

特に、ネットから引用、テレビから引用するときは注意が必要のようです。

<対策>

・該当しそうな記事を削除。
著作権に触れている可能性がある記事を削除しました。

その中には、沢山のスターを頂いたり、ブックマークをして頂いた記事もありました。私の著作権認識の甘さが原因です。本当に、すみません。以後、気をつけたいと思います。

 ・本の内容を掲載するときは引用元はきちんと明記した。

 

・そして、アフィリエイト広告の指摘

これは正直どこの記事が問題か分からなかった。よって、私がとった対策は以下の通り。

 

<対策>

・アドセンス申請中はトップページのサイドバーに掲載していた広告を削除する

・各ページの末尾にリンクを貼っていたアフィリエイト広告を出来る限り削除。

(ただし、本紹介の記事等の文中にある本のアフィリエイトリンクは削除せず。)

 

☆4回目の申請

グーグルから「アフィリエイト広告を貼られた記事に問題あるよ」と、明確に指摘されます。アフィリエイト広告が原因らしいということが一発で分かる指摘でした。

 

・ただ、広告を貼っているだけの記事は駄目よ。

・広告を貼るのも良いけど、その際は有益な記事にしてね。

 

こんな指摘でした。

 

<対策>

・新しい記事を作らず、徹底的に過去記事を作り替える。というか、こわくてあたしい記事をアップできない。

・単純にアフィリエイト広告を貼った絵本を紹介しただけの記事を削除。

・記事中のアフィリエイト広告の比率を減らす。

例えば、私は本の紹介の記事が多い(その際、本のアフィリエイト広告をぺたぺた貼る)。そのため、1記事に対するアフィリエイト広告の比率が高くなるという結果に。

悩みましたが、何冊かは記事の見栄えのために、アフィリエイトリンクを残す。でも、あとは本の名前、著者、出版社の紹介文のみに訂正するなどで修正しました。

・ブログ全体に対して、アフィリエイトを貼っている記事が5割を超えないように気を付けた。

どうやらアフィリエイト広告が貼られた記事が全体記事の50%を超えるとアドセンス的にダメらしい(ネット情報)

ということで、こちらも記事のリライト、アフィリエイトリンクを外すなどで対応。

・本の紹介は自分の感想を増やすことで、有益?独自性を出す!

過去記事を読んでみると、私の記事は本紹介で終わっている記事が多かった。

そこに、私の意見、考え、感想が書かれていない。

それなら、有益な記事とは言えない。ということで、引用は減らして、自分の意見を書くように修正。

・いくつか分かれていた(内容が重複していた)記事は、一つの記事にまとめることで記事が濃い内容になるように修正。

 

あと、外部へのリンクを貼っているとダメだという記事もみかけ(真偽は不明)たため、外部へのリンクは全て削除(でも、貼ってても通っている人も見かけるので、どっちでも良いのかもしれません)。

 

☆6回目

・価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について

・価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない

と、ご指摘いただきました。

なんか独自性や有益性が無いってことですかね。凹みます。

が、それに該当しそうな記事を再び修正。または「下書きに戻す」で対応。

そして、アフィリエイトリンクはほぼ消しました。ちょっと残っていますが。

 

☆7回目

6回目と同じ内容で却下。

でも、申請してから数時間で返事が来たので、再申請までの時間が早すぎて、自動的にはじかれた?とも思う。

 

感想

私の記事は、本の引用も多いから、独自性をもっと出せと指摘されているなと感じました。それについては、私も自分の記事を読み返してみて反省すべき点が多々ありました。

 

それに、グーグルさんに認めてもらう記事を書かなければ検索上位にも表示されにくい。ということは、アドセンスで指摘されていることを修正すれば、おのずと検索上位に表示されるようになり、検索からの流入も増えるんだと考えます。

 

よって、今回のアドセンス申請は私にとって自分の記事を見直す良い機会となりました。そして、アドセンスからの不合格理由は、グーグルで検索上位に表示されるヒントが隠されているんだと思いました。

 

そして、記事を削除、修正しすぎて、申請当時60記事あった記事数は、現在40弱になりました。

改めて、有益な記事をいくつも書くということのむずかしさを感じている次第です。

 

※アドセンスからの不合格理由に該当しそうな記事が未だいくつか残っています。また、その記事も下書きに戻す予定です・・・。

 

まぁ気を取り直して、時間が経ったら再度アドセンスに申請してみます。

 

 

私の経験から、アフィリエイト広告を記事に貼っている方はアドセンス申請の際に注意が必要かな?って思いました。

 

あと、記事が少ないうちに申請に出すのが良いってよく聞きますが、その通りだなと痛感しました。

記事が増えすぎると、どれが不合格記事なのか検討がつかない。

 

以上です。参考になるか分かりませんが。

※記事修正をかなりしたので、良ければ過去記事をポチっと読んでみてください☆

 

忙しいなか最後までお読み頂き、ありがとうございました。