独学保育士×100冊×子育て

二児の母です。子育て中に独学3か月で保育士試験に合格。100冊以上の育児本を読んだ経験を活かし子供の教育・資格試験の勉強法などを書いていきます

MENU

育児本・教育本

『公立校で伸びる子はここが違う!「本物の学力」をつけるために親ができること』の感想

『公立校で伸びる子はここが違う!』(松永暢史)を読みました。 今回、再読です。一度目は去年。 そして、今回子どもが小学生になったのを機に再読しました。 『公立校で伸びる子はここが違う!』の著者・松永暢史氏は教育コンサルタント・受験のプロとして…

三種の神器「辞書・地図・図鑑」!!辞書・地図・図鑑を上手に活用する方法!

GWが終わりましたー! 長かったけど、凄く楽しい10連休でした!! 10連休を利用して、電車でおでかけしてみたり、自然公園に足を運んでみたり、子どもたちはとても喜んでいました。 ※電車でお出かけするときに、切符を子どもに買ってもらうと計算の練…

『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える「賢い子」に育てる究極のコツ』を実践したら、どうなるか?

今日は『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える「賢い子」に育てる究極のコツ』という本の感想です。著者は瀧靖之氏です。 瀧さんの本は以前、『アウトドア育脳のすすめ』という本を当ブログでも紹介しています。 www.shizuka-mama.com 『16万人の脳画像…

◆子供の英語教育◆英語の習得は、右脳に働きかけるのが良い!!日本にいながら英語を習得する方法とは?

私、英語が得意では無いんです。 そして、最近読んだ『赤ちゃんは英語の天才!』・『赤ちゃんからの英語レッスン、絵本で育てるバイリンガル(中村敦孔(中村あつこ))』と言う本で、自分が何故英語が得意では無いのか、気づくことができました。 それは、「…

「ギフテッド」を育てた大川栄美子著者『9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣』から得られる子育てのヒント

こないだ、たまたま図書館で 『9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣』(大川栄美子・扶桑社 (2015/8/9))という本を借りました。 家に帰って読んでみると、なんとこの本の著者・大川栄美子さんは、あの「14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん」のお母さ…

ノーベル賞受賞者が多いユダヤ人に学ぶ「天才」の育て方。『ユダヤ式「天才」教育のレシピ』

私には、上の子が産まれてからずっと子育ての参考にしている教育方法があります。 それは、「ユダヤ式」の教育方法です。 大富豪・ノーベル賞受賞者などが多いと言われているユダヤ人ですが、どのように教育したら、そんなに天才児が多く育つのでしょうか。…

子どもが賢くなるって本当!?アウトドアが子どもの脳に良い理由/『アウトドア育脳のすすめ』を読んで

私は、子供と外遊びをするのが結構好きです。近くの公園に行ったり、川遊びをしたり。 子供が産まれる前はインドア派だったんですが、子供と一緒に外で遊んでいるうちに楽しくなってきました。子どもの力は凄いですね。 そんな私ですが、最近『アウトドア育…