独学保育士×100冊×子育て

二児の母です。子育て中に独学3か月で保育士試験に合格。100冊以上の育児本を読んだ経験を活かし子供の教育・資格試験の勉強法などを書いていきます

MENU

アンパンチのないアンパンマン絵本!?

最近、あんぱんまんのアンパンチが色々と話題になっているようですね。

ヤフーニュースで知りました。

 

それについては色々な意見・考え方があると思いますので、私の考えはここでは書かないでおこうと思います。なんじゃそりゃって感じですが・・・。

 

では、今日は何の記事かと言うと・・・

我が家の子ども達がとっても好きなアンパンマンの絵本を紹介しようと思います!!

 

 ☆amazon

あんぱんまん (キンダーおはなしえほん傑作選 8)

こちらの絵本は、初期?の頃のアンパンマンの絵本です。
※ちなみに、アンパンチは登場しません。

 

登場人物は、あんぱんまん、旅人、こども、ジャムおじさんだけです。

バイキンマンも、ドキンチャンも、カレーパンマンも登場しません。

 

凄くシンプルなお話です。

 

どんな内容かと言うと・・・

 

あんぱんまんが、お腹をすかせた旅人を助け、道に迷った子どもを助ける話です。

途中、あんぱんまんの顔は無くなります(これが、ちょっと衝撃的・・・)。

そして、ジャムオジサンに新しい顔を作ってもらう、そんなお話です。

 

私は、たまたま本屋さんで見つけて購入しました。

 

テレビで見るアンパンマンとは少し違いますが、それでもわが子たちはこの絵本が大好きで何回も読んでいます。

 

絵本の最後に、やなせ・たかしさんが「本当の正義とは?」について書かれていて、そちらも大変興深い内容となっています。

 

結構古い本なので、ママ・パパの中には、「子どもの頃に読んでもらった!」という方もいるんじゃないかなーと思います。

 

ちょっとドキドキ!?でも、心がほっこりする。そんなアンパンマンの絵本です。

興味のある方は、是非読んでみてください!