独学保育士×100冊×子育て

二児の母です。子育て中に独学3か月で保育士試験に合格。100冊以上の育児本を読んだ経験を活かし子供の教育・資格試験の勉強法などを書いていきます

MENU

モンテッソーリ教育から学ぶ!!家で簡単にできる勉強の下地になる遊びを紹介します!

モンテッソーリという名前を一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

最近だと、将棋の藤井プロがモンテッソーリ教育を受けていたと話題になっていました。

 

私も何年か前に、モンテッソーリについて調べたことがあります。

 

モンテッソーリの本もちょっと読んでみました。

でも、日本で出版されているモンテッソーリ教育の本って内容が薄い?気がしたんです。いまいち、モンテッソーリ教育について分からない・・・というか。

 

その結果、モンテッソーリというと、特殊な玩具・「やりたいことを尊重」とか・・・そういうイメージが強かった・・・。

 

でも先日、『モンテッソーリの知恵』(LESLEY BRITTON・辻井正訳)という本を読んで、モンテッソーリ教育に対してとても誤解があったことが分かりました。

 

モンテッソーリ教育に興味がある方にとって一読する価値のある本だと思います。

 

そこで、今日はその本の中から私が特に気に入った&高価な玩具を買わなくても家で簡単にできるモンテッソーリ教育の遊びを二つ紹介したいと思います!

 

 

モンテッソーリとは?

マリア・モンテッソーリ。

モンテッソーリ教育法を創設した教育者。そして、実は彼女は医者でもあるんです。

 

医学校を卒業したのち、モンテッソーリは聖ジョバンニ病院で助手として働き始めます。

 

その後、彼女はボランティアの助手についた精神病診療所で、障がいのある子供たちに出会うそうです。

 

子ども達は、精神病的な問題を持つ人たちがいる擁護施設に一緒に居れらており、何もすることなく、何の刺激も与えられず閉じ込められていたんだとか。

 

そして、そんな子ども達の姿を見て、自分に何か出来ないかとモンテッソーリは考えるんです。

そこから、精神的な知的障害をもった子どもの治療法や、手から学ぶという知的な発達への道を研究していくようになるようです。

 

我が家で取り入れたい!モンテッソーリ教育の遊び

気温の計測(5才頃から)

記録用のグラフ紙と温度計を用意。

庭の日陰部分に地面から40センチほど離れた位置に温度計を置く。

毎朝、正午、毎晩の同じ時間に気温を図らせ、記録を取らせる。異なる季節におこる変化が分かるようになる。

 

☆我が家流にアレンジ☆

これは面白いと思いましたが、毎日やるのは大変・・・。
ということで、我が家は朝のみ計測することにしました。

子どもは気温を温度計で確認して、私に報告するのみ。記録は私がつけます。数か月後に子どもと表を見てみようと思います。

なお、気温計は100均で調達しました。最近の100均は凄いですね、なんでも売っています。

 

世界の国旗を作ろう(4才から5才)

世界地図と、国旗のカード(2セット)用意します。

始めは2、3か国から始めます。

まず、国旗がどこの国のものかを子どもに教えて、2枚のカードをマッチさせる。

そして、世界地図の適切な場所に国旗カードを貼るのかを子どもに教えます。

 

☆我が家流にアレンジ☆

とりあえず100均で世界地図(国旗あり)を買ってきました!地図の国旗部分を切り取ります。あとは、世界地図の適切な場所に子どもに置いてもらう。

 

これは未だ実践していませんが、こんな感じで遊んでみようと思い、とりあえず地図だけは購入しています。また時間のあるときに挑戦してみようと思っています。

国旗が好きな我が子なら興味があるはず・・・。

 

まとめ

『モンテッソーリの知恵』をよんで感じたのは、子どもの遊びに必要なことは高価な玩具ではなく、親の知恵なのかもしれないということでした。

 

私はついつい玩具を買って済ましてしまうタイプです。

でも、普段何気なく使っているものが子どもにとってとても良い教材になるんだなという発見がありました。

 

他にも面白い遊びが沢山載っていたのですが、今回は家で簡単にできそうなものを選んでみました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。